あなたが片付けられない9つの理由

片付けが苦手な人が持つ傾向と対策

 【片付けられない人:解決の糸口編】

Pocket

images10

「なんで私は片付けがうまくならないの?」 「一生この散らかった状態から抜け出せないのかな・・?」 近年マスコミでも多く取り上げられ、もはや社会問題化しつつあるテーマとなってしまいました。 そう、片付けられないのはアナタだけじゃありません。 そこに見えてきたいくつかの共通項、原因、ヒントなどを集めてみました。

【解決の糸口編】

■1. 先延ばし

sakinobashi

解決のポイント

大切なのは今のアナタでも実践が可能で、適度な負担として継続できる作業を習慣化する事。 

『あと30分したら・・、明日絶対やろう・・』から『ゲーム感覚で、毎日少しずつ確実に』

解決の具体的アクション例

一日たったの30秒や1分でも構わないので、その時だけは集中して片づけ作業を行う。

限られた時間内で何をどこまで片づける事が出来るか?! 習慣が定着してきたら、少しずつその時間を延ばしていきましょう。

■2. 詰め込み

tumesugi

解決のポイント

『まだ入れられる・・』結果的にモノに阻まれ、肝心なモノが見つからない事を、アナタはこれまでイヤという程経験したはず。

”活用出来ない・されないモノ”をイタズラに増殖させてきたこの悪癖を強く自覚しながら、一歩前に進みましょう。 

『余白は気持ちにも余裕を与える』

解決の具体的アクション例

詰め込む事の出来る上限を ”収納の80%” と設定し、ここは厳格に守ってみましょう。 そしてその環境の中で生活していく上で、アナタに実感が伴ってくる事でしょう。

心地よい使い回し・着回しを楽しめる生活イメージを持つ事。

■3. とりあえず

toriaezu

解決のポイント

恐らく今この瞬間もアナタの部屋は色々なモノ達が、その用途・目的を問わず入り混じってしまっているのではないでしょうか?

衣類・飲食物・化粧品・アクセサリー・書類等々・・・日々必ず使用するモノはその中でも限られてくるハズ。

ただし一気に片づけるとなると、そのハードルの高さに意思が折れてしまうリスクがあり、最悪は元の木阿弥ちなる為、注意が必要。

解決の具体的アクション例

散らかっている原因に注目し、着手します。

”とりあえずBOX” を作り、出勤・通学等のお出かけの際、必ず使うモノ(定期券・免許証・携帯電話・その他小物類)等の散らばりやすいモノをまとめて一時保管できるスペースとして活用しましょう。

ただし帰宅時は決して面倒くさがらず、必ずこのBOXへ戻す事。

■4. 買い物

kaimono

解決のポイント

『買わないと後悔するかも・・』が繰り返されてきた事により、今の状況が生まれている現実。

この習慣的かつ強力な誘惑および欲望をいかにコントロールするか?!

解決の具体的アクション例

強烈に ”必要と感じられるモノ” でも、必ず一度 ”クールダウン” する事。

店舗で商品を取っても、一度は戻してその日は買わずに帰宅する。 

ネットショッピングやテレビショッピングでも同様に、一度は必ず見送ってみるを実践。

これらの商品は原則的に、販売側が購入意欲を煽るような仕組みになっています。

本当に必要なモノであれば、必ずもう一度そういう機会が訪れるはずです。

■5. もったいない

mottainai1

解決のポイント

『いつか使うから・・』

『その機会、いつ来ましたか・・・?!』

保管料(家賃)等、実際面において ”更にもったいない状況” を生んでいるこの矛盾。

解決の具体的アクション例

アナタの部屋の中で、最もストック量(ボリューム)を誇るモノ、ワースト3は何ですか?

レジ袋? 筆記用具? コスメ? 毎日使ったとして、2か月以上かかる量はオーバーストックです。

慣れれば対象アイテム数を広げて、生活空間をより快適にしていきましょう。

■6. 多趣味

tashumi

解決のポイント

4項目の買い物癖と並行し、こじらせてしまっているパターンが多く見られます。

一度見送る習慣はひとつの効果的手段。

解決の具体的アクション例

一般的にひとつの分野がある程度形になるまで上達するのに必要な時間は、約10,000時間といわれています。

勉強や仕事などの本業を抱えるつつ、それでも上達したい、極めたい、本当の楽しみを経験したいと思うなら、おそらく一つや二つに絞るべきでしょう。

■7. 完璧主義

kanpeki

解決のポイント

キチンとしているのに、なぜ部屋が散らかるの? と不思議に思ってしまう方もいるでしょう。口グセは

『~じゃないとダメ』といいつつも、現状が全く備わっていない。

いきなりパーフェクトを狙うには、どう考えても無理がある。

解決の具体的アクション例

ここは心を鬼にして、敢えて厳しく言いましょう。

赤点常習者が具体的なプランもなく100点を望む状況と何一つ変わらないという事を。

急な燃え尽き症候群でリバウンドを招くより、35点→50点→75点→100点と徐々にスコアを上げていきましょう。

そこからはじめて胸を張って ”私は完璧” と謳ってください。

■8. ペット愛好者

pets

解決のポイント

『カワイイ』同居人が増えて、寂しさは和らぎましたか?

大事なモノ言わぬパートナーは、アナタが所有する中で唯一 ”命” をもつ存在。

多頭飼育する片づけられない人が多い事も問題意識を持つ良いきっかけかもしれません。

解決の具体的アクション例

ペットを飼う資格を持つ人物は ”世話” という義務を放棄しない人だけに許されたもの。

餌を与えられていても、衛生面で劣悪な環境になっていれば、いくら愛情を感じていたとしてもそれは一種の ”虐待行為” に他なりません。

汚れたらキレイにしてあげる。

他のモノの扱いと完全に切り離して考えましょう。

■9. 注意(集中)力散漫

sakinobashi2

解決のポイント

もしかすると ”ADD”  ”AD/HD” の可能性もございます。 本当に気になる方は医師の判断を仰ぐ事を前提に。

仮にその傾向が無いにせよ、集中力には限りがあります。

どんなシチュエーションで 『あれっ?』 に陥るか、過去のケースから考えてみましょう。

解決の具体的アクション例

一人ではなく、第3者と共に片づけを進める。

MAX30分間の片づけトライアル(内インターバル2回を設ける)で短期決戦。

などは一定の効果をあげてくれることでしょう。

いかがだったでしょうか?

Pocket

公開日:
最終更新日:2016/03/10